adbird(広告鳥) 備忘録

LaTeXで作成したPDFの本文(行)とノンブルの表裏の重なりの確認方法

LaTeX(LuaLaTeX) で A5・縦書き・2段組の小説本・エッセイ本を作る のような LaTeX で縦書きの文書を組んだとき、版面をいじることになる。

そうやって版面をいじって製本(両面印刷)した際に、本文(行)とノンブルが用紙の表裏で、きっちりと重なるようにしなくては裏写りしてしまって美しくない。

以下、完成したデータ「原稿.pdf」があるとして、そのデータの本文(行)とノンブルが表裏できっちりと重なっているかを確認する方法。

1 画像編集ソフトGIMPで「原稿.pdf」の確認したいページを開く。解像度は適当に300ピクセルぐらいに。

f:id:adbird:20190128213844p:plain

2  「レイヤーとして開く」で再び、「原稿.pdf」を選択して開き(解像度は1.と同じにする。おそらく、自動で1.の設定が引き継がれているはず。)、上記のページの上に、ウラ面にあたるページをレイヤーとして重ねる。

f:id:adbird:20190128214106p:plain

3 「鏡像反転」で重ねたレイヤー(2.で重ねたページ)を反転させる。

4  「不透明度」を50ぐらいにすると、最初に開いたページが見えてくるので、重なっていることを確認。

f:id:adbird:20190128214206p:plain