adbird(広告鳥) 備忘録

格安スマホ・格安SIM

僕の携帯の通信料は、ドコモのガラケーFOMA。通話のみ)が月額1,000円程度+格安スマホ格安SIM(データのみのSIM。データ通信量月1GB、通信量翌月繰り越しあり。月額500円程度)の2台持ちで、月1,500円程度。

FOMAが2026年3月31日で終了(新規受付はすでにしていない)するので、その後も2台持ちにするなら、 ケータイプラン (Xi) にするしかなく、少し値上がりせざるを得ないが、それでも月額2,000円以内にはおさまるかな…?

僕なりの格安スマホ格安SIMの導入の仕方や、注意点を簡単にメモっておく。

以下の手順で通話・通信できなくても保障はしない。ちなみにAndroidスマホ前提で、iPhoneは念頭に入れていない。

1. 格安SIMを選ぶ。

どこの格安SIMにするかに決めても、下記のスマホ端末との兼ね合いもあるので、すぐには購入しない。

2. スマホの端末を購入。

格安SIMスマホ端末のマッチング(?)=SIMと端末のキャリアは一緒か(SIMフリー端末なら関係ない)、SIMサイズは合っているかなどを確認してから、購入する。

ubuntuで画像から日本語OCRでテキスト抽出

Googleドライブ、Googleドキュメントを使って日本語OCRはできるのだけど、いちいち画像をアップロードしたりと面倒なので、精度は落ちるらしいけどサクッと日本語OCRをやりたかったので、やってみた。

tesseract 本体をインストール

 $ sudo apt-get install tesseract-ocr

日本語を読めるようにする。

 $ sudo apt-get install tesseract-ocr-jpn

のはず…。実は下記の、手動で日本語データをダウンロードする方法でやった後で、上記の方法を知ったので試していない。

手動でダウンロードする場合は、

ダウンロードフォルダ内で端末を開いて、日本語を読み取るためのデータ(jpn.traineddata)をダウンロードして、必要な場所にコピー。

$ wget https://github.com/tesseract-ocr/tessdata/raw/master/jpn.traineddata
$ sudo cp jpn.traineddata /usr/share/tesseract-ocr/4.00/tessdata/jpn.traineddata

実行

以下はtest.pngを読み取って、test.txtを生成。出力先に拡張子(.txt)はいらない。

$ tesseract test.png test -l jpn

スクリプト

半角スペースを削除したり、「,」を「、」に変えたりしたかったので、スクリプト ocr.sh を作った。

tesseract $1 $2 -l jpn
sed -i -e 's/ //g' $2.txt
sed -i -e 's/,/、/g' $2.txt

実行

sh ocr.sh 入力.png 出力名(拡張子なし)

参考リンク

バイクのオイル交換&プチツー

Dトラッカー125 オドメーター約15,300kmでオイル交換。

プラグとエアフィルターも部品が到着次第、交換予定。

オイル交換後、プチツーへ。

春がちらほらと訪れていた。

f:id:adbird:20200316172136j:plain f:id:adbird:20200316172153j:plain f:id:adbird:20200316155846j:plain f:id:adbird:20200316173724j:plain f:id:adbird:20200316173749j:plain

twicliの設定・使い方

僕が愛用している、ブラウザ上で動くツイッター・クライエント twicli の紹介です。

広告は表示されないし、昔のツイッターのようにシンプルな時系列順で表示されます。自分が作成したリストも常時、タブで表示できて、すぐにリストのツイートを見ることができます。


ブラウザで twicli を起動

twicliはアプリをダウンロードする必要はない。

ブラウザで twicli へいって、「twicliを起動」をクリック。

初回の起動の時だけ認証・ログイン(ふた通りの方法があるけど、どちらもでいい)が必要。

設定

個人的、主要な設定変更。

「+」タブをクリック>「▼設定」をクリック。

  • 「自動更新間隔」をお好みに。
    • あまりに更新間隔が短いとAPI制限(350回/1時間)に引っかかるし、自動更新されるとスクロールして見ていたツイートを見失う(たいがい、見ていたツイートは上の方へ移動してしまっている)ので。
    • 特にスマホの場合は思い切り長い時間に設定して、手動で更新する(投稿欄に何も書かずに「ツイート」ボタンを押す)つもりの方がいいと思う。
  • リツイートを"RT:〜"形式で表示」のチェックを外す。
  • 「ctrl+enter/shift+enterで発言」にチェックを入れる。
    • 改行するつもりでEnterキーを押してしまい、ツイートが投稿されてしまうのを防ぐ。
    • 投稿する時は、Ctrl+Enterか、投稿欄の右側にある「ツイート」ボタンを押す。
  • 「タブを閉じる前に確認」「ツイート削除の前に確認」「リツイートする前に確認」はそれぞれお好みでチェックを外す。
    • Vivaldiブラウザなど一部のブラウザでサイドバーにtwicliを表示している場合、これらのチェックを外しておかないと、これらの機能が効かない場合がある。
  • プラグイン」に以下を追加(書き加える)。お好みで。その他のプラグインについては、twicliの公式サイトを参照に。
    • insert_hashtag.js: ハッシュタグ(#〜)のタブを開いた状態でtweetすると、末尾にそのハッシュタグが自動追加される。
    • tweets_around_tw.js: 指定した前後のツイートをポップアップ表示

ここまでで一旦「保存」ボタンを押す。

同じ「+」タブ「▼サムネイル」で、以下のように選択。

  • 「サムネイルの位置」
    • 「下」
  • Twitterの写真のリンク先
    • 「オリジナル画像」

デザインを変える

twicli は以下のAまたはBの方法で自由にデザインを変えることができる。

A:テーマを選ぶ

「+」タブの「テーマ」で、気に入ったテーマをを選択。

B:ユーザースタイルシートCSS)を適用させる。

上記の「テーマ」は「default」に戻しておく。

そして、

 「+」タブ > ▼設計 > ユーザースタイルシート

の欄でCSSを書いていく。

といっても、いきなりは難しいと思うので、ネットで「twicli CSS」とか「twicli スタイルシート」とかで検索かけると先人たちがCSSを公開しているので、それを使ってみるといい。

手前味噌だけど、僕の作った以下の公式Twittertwicliユーザースタイルシートを、「+」タブ > ▼設計 > ユーザースタイルシート の欄に貼り付けると、今まで公式Twitterアプリを使っていた人にも少しは違和感なく、twicliを使ってもらえるのではないかと思う。

ブラウザのサイドバーで twicli を表示する

一部のブラウザではサイバーにtwicliを表示させることで、ながらブラウジングができますw。

Firefox の Side View で表示

Side View アドオンを使って、twicliをサイドに表示させる。

f:id:adbird:20190111115749p:plain
Firefox Side View twicli

Vivaldi ブラウザの Web Panel で表示

Vivaldi ブラウザのサイドバーの「+」(ウェブパネルを追加)ボタンを押して、

https://twicli.neocat.jp/twicli.html

のURLを入力。

使い方

ツイートを投稿

デフォルトではEnter(エンターキー)を押しただけで投稿されるので、書きかけで投稿してしまう恐れがある。

そこで設定で「ctrl+enter/shift+enterで発言」にチェックを入れた方がいい。

その場合は、ツイートを書き込んで、Ctrl+Enterか、「公式Twitter風 twicliユーザースタイルシート(デフォルト)」を適用している場合は、投稿欄の右側にある「ツイート」ボタンを押す。

「いいね」(fav)する

右上の星マーク(公式Twitter風 twicliユーザースタイルシート(デフォルト) などではハートマーク)を押す。

リツイートする

右下の「▽」 > 「リツイート」をクリック。

返信

返信したい相手のツイートの右下の緑の矢印「↰」をクリックすると、投稿欄に「@相手のユーザー名 」が挿入されるので、その後に続いて返信を書き、投稿する。

公式Twitter風 twicliユーザースタイルシート(デフォルト)」を適用している場合は、「返信↰」。

自分のツイートに「別のツイートを追加する」(スレッドを作成)

他人への返信と同様、自分のツイートの右下にある緑の矢印「↰」をクリックし(そのまま返信してもよいが、自分に@が飛んでくるので)、自分のユーザー名(@〇〇)を削除した後に送信。

自分のユーザー名(@〇〇)を削除しても、緑の矢印「↰」の周囲が黄色で色付けされてはずなので、その状態で送信すればよい。

他人のプロフィール、タイムラインを見る

その人のユーザー名(@〇〇)をクリックするか、「+」タブ > 「ユーザ情報を表示 」に表示したい人のユーザー名を入れると、「@」タブの隣にその人のプロフィールとタイムラインが表示される。

タブを自分のプロフィール・タイムラインに戻したい場合は、「+」タブ > 「ユーザ情報を表示 」に自分のアカウント名が入っているので、それを押す。または、「@」タブで自分に飛んできたリプ内にある自分のユーザー名をクリック。

ハッシュタグをつけてツイートを投稿

方法1:普通に#(ハッシュタグ)をつけてツイート。ハッシュタグの前に半角スペースが必要。

方法2:ある#(ハッシュタグ)のツイートの流れを追いながら、#(ハッシュタグ)を自動でつけてツイートする方法。※プラグインに「insert_hashtag.js」を追加しておくこと(「+」タブ>設定>「プラグイン」の欄に insert_hashtag.js を書き加える)。

  • 「+」タブ > 「Twitter検索」で、流れを追いたいハッシュタグ付きキーワード(#〇〇)を入力して検索すると、「#〇〇」のタブが新しく作られる。
  • または、TL(タイムライン)で出てきたハッシュタグ付きキーワード(#〇〇)があれば、それをクリックするだけで「#〇〇」のタブが新しく作られる。
  • その「#〇〇」のタブを開いたまま、ツイートすれば、自動でハッシュタグがついて投稿される。

ダイレクトメッセージ

投稿欄に「d ユーザー名(@は要らない) メッセージの内容」で送信。

リストをタブに表示する

すでに公式Twitterで自分のリストを作成している場合、

 自分のユーザー名が表示されているタブ > Lists

で自分のリストが表示されるので、購読にチェックを入れる。

「購読」にすれば、常時そのリストが上部のタブに表示される。

同じ要領で他人が作ったリストも購読できる。

※ただし、リストは英数字しか表示されないので、日本語のみでリストを作成していると「list1」とか「list2」などで表示されてしまうので、あらかじめ公式Twitterの方で、リストを英数字のみにするか、日本語の後に英数字をつけるかして見分けられるようにしておいたほうが良い。

写真の表示・動画の再生

以下のAかBかの方法で表示・再生。

※サムネイル画像のリンク先が、写真なのか、動画なのかは、URLの最後が /photo/1 なのか、/video/1 なのかで、見分けること。

A:サムネイル画像やURLをクリックして、ブラウザの別タブや公式Twitterのツイートページで表示

①写真の場合、

設定(「+」 > 「▼サムネイル」 > 「Twitterの写真のリンク先」 )で、「ツイートページ」か「オリジナル画像」を選んでおく。

「ツイートページ」を選んだ場合、サムネイル画像やURLをクリックした場合、公式Twitterのツイートページに飛ぶ、またはTwitterアプリが起動する。

「オリジナル画像」を選んだ場合には、ブラウザの別タブや別ウィンドウで写真が開く。

②動画の場合、

 ①の設定(「ツイートページ」か「オリジナル画像」)は写真についてのみの適用されるので、動画の場合は、必ず公式Twitterのページに飛ぶか、Twitterアプリが起動する。

B:URLの後にある緑の「>」をクリックして、twicli内でオーバーレイ表示

パソコンで、しかもサイドバーで表示しているのであれば、上記の方法でもとくに煩わしいことはない。

しかし、スマホtwicliを使っている場合、いちいち新しいタブで表示されたり、公式Twitterアプリが立ち上がったりすると、twicliに戻るための手間が増えるので、ちょっと面倒くさい。

そこで、twicli内だけで写真・動画を表示・再生したい場合(別タブやTwitterアプリに遷移したくない場合)は、写真や動画のURL(https://〜/photo/1 や https://〜/video/1)のあとにある緑の「>」をクリックすると、写真や動画がオーバーレイ表示・再生される。

公式Twitter風 twicliユーザースタイルシート(デフォルト) では、分かりやすいように、かつ、スマホで押しやすいように「Popup View >」としてる。

画像を投稿する

画像は1枚のみ投稿可能。

パソコンなら画像を投稿欄よりちょっと下あたりにドラッグ・アンド・ドロップする。

または、

「+」タブ > 「画像をアップロード」 > 投稿欄の下に「ファイルを選択」が出てくるので、それをクリック、画像を選択して投稿。

ページの一番上に戻る

スクロールして下の方を見ていて、ページの一番上に戻りたい場合は、見ているタブをクリック。

会話を遡る

「@ユーザー名 会話の内容」で行われている会話の流れを見たい時は、右下の赤の「>」を押すと会話が遡れる。

公式Twitterでは一般的な会話のスレッド表示は、

 古いツイート
   ↓
 新しいツイート

という流れだけど、twicliの赤の「>」で表示されるのは、

 新しいツイート
   ↑
 古いツイート

という流れなので、注意する。

また、1度「>」を押しただけでは、会話の流れが全部表示されないこともあるので、ポップアップされたものの一番下のツイートの右下に赤の「>」がある場合は、会話がさらに遡れるので、その「>」を押す。

公式Twitter風 twicliユーザースタイルシート(デフォルト) では、分かりやすいように、かつ、スマホで押しやすいように「前の発言 >」とした。

ツイート前後のツイートを探す

プラグインに「tweets_around_tw.js」を追加する必要がある。

TL(タイムライン)で

 Aさんのツイート⑳
    ︙
 Bさんのツイート
    ︙
 Aさんのツイート②
 Bさんのツイート 
 Cさんのツイート 
    ︙
 Aさんのツイート①
    ︙

となっており、Aさんのツイート②は、どうやらAさんのその直前のツイート(Aさんのツイート①)からの続きの発言らしいけれど、Aさんのツイート①と②の間はたくさんの人のツイートで埋まっていて、TL上からAさんのツイート①を探し出すのは困難という場合。

新しい投稿であれば、Aさんのユーザー名(@□□□)をクリックすれば、AさんのTLが見られるので、それで確認できる。

しかし、上記のように、すでにAさんはその後もツイートをして、ツイート⑳までしてしまっていて、AさんのTLで遡るのも面倒ということもある。

そこで、右下の「▽」から「ツイート前後のツイートを探す」をクリックをすると、Aさんのツイート②の前後のツイートがポップアップされて、ツイート①が探しやすくなる。

NGワードを含むツイートや特定のユーザーのツイートを非表示にする

ユーザースタイルシート

a#pickup-NG{display:none;}

を書き(前述の僕が作成したCSSにはすでに書いてある)、

 「+」>「抽出条件 (タブ名:ユーザID:ツイート:非表示)」

の欄に次のように書く。(以下の例は、僕 @adbirdbrain のツイートを全て非表示にする場合。)

NG:adbirdbrain::4

上記の数字の4は、1〜4のいずれかで設定が異なってくる。

  • 1:TLタブで非表示
  • 2:@タブで非表示
  • 3:TLと@タブで非表示
  • 4:抽出タブ、Dタブ以外の全タブで非表示

理屈としては、特定の言葉や特定のユーザーを抽出して、非表示にするっていう感じ。

詳しくは、twicliの抽出タブを拡張を参照のこと。

ツイートを公式Twitterのツイートページで見る

右下の投稿日時をクリック

その他

twicli公式サイト で追加プラグインなどが紹介されていて、他にもいろんなことができるので、試してみてください。

twicliでできないこと

  • 複数画像の投稿。
  • スレッド全体表示。(※前述の「会話を遡る」や「ツイート前後のツイートを探す」でそれに近いことができなくはないけど…。)
    • あるツイートにぶら下がっているツイート(コメント)全てを見たい場合は、投稿日時をクリックして、Twitterのツイートページに飛ぶしかない。