adbird(広告鳥) 備忘録

B'zのアルバムから感じられるバブルの隆盛と崩壊

ツイッターで書いたのをまとめたもの。

B'zの『OFF THT LOCK』は1989年。この頃の歌詞ってバブル景気を感じさせる。僕自身はバブル後の平成不況しか経験なくて、バブルは想像でしかないけどw。 歌詞に出てくる女性像が多くの男たちを魅了する奔放な感じで、男の主人公がそれを追いかけるってのが多い気がする。 open.spotify.com

『IN THE LIFE』1991年11月まではバブリーな感じ。「Wonderful Opportunity」ではまだ、「シンパイナイ モンダイナイ ナイ ナイ ザッツライフ」と楽観的に歌っている。 open.spotify.com

ところが、バブル崩壊後1992年10月『RUN』の「THE GAMBLER」で「何を賭ける?イチかバチかエブリデイ…流れを変えてやろう」と言い出し、「ZERO」では「ぎらぎらした街をぬけ さっさと家に帰ろう…ゼロがいい ゼロになろう もうまっしろ」と不景気で殺伐とした街から逃避しだす。 open.spotify.com

B'zのアルバムの雰囲気から、当時のバブル景気絶好調の時代からバブル崩壊までの雰囲気が掴めて面白いw。