adbird(広告鳥) 備忘録

ポータブックにUbuntu18.04をインストール

これまで2度ほど何とか苦戦しながらも大型の Windows Update を更新してきたが、今回は前回成功した方法(ポータブックのWindows10大型アップデート)でもついに更新に失敗してしまった。

もう、いよいよUbuntuをインストールするしかない!と決意して、実行した。

以下に書く方法はWindowsを完全に削除して、Ubuntuを入れる方法なので、たとえ失敗してWindowsの起動すらできなくなったとしても、自己責任でお願いします。

準備するものとして、USBメモリWindows回復ドライブ用とUbuntuブータブル用)が2つ必要。

Windowsの回復ドライブ作成

Windowsを削除して、Ubuntuをインストールするのだが、万が一のことを考えて、ポータブックでWindowsの回復ドライブを作成しておけば、元のWindowsに戻せるはずなので(Ubuntuのインストールに成功したのでやったことない)、かならず作っておくこと。

回復ドライブ作成で、USBメモリ内のデータは消えるはずなので注意。

作り方はググってw。

かなり時間がかかるので、そのつもりで。

UbuntuのブータブルUSBの作成

回復ドライブ用のUSBメモリとは別のUSBメモリを用意して、ISOイメージをダウンロードして、ブータブルUSBを作成する。

今回僕は、日本語 RemixのISOイメージ(これを執筆時は18.04.3だった)ではなく、 18.04.4 LTS のISOイメージ(64bit)をダウンロードして、インストール後にJapanese Teamによる追加パッケージを追加した。

ISOイメージからブータブルUSBを作成するには、

Ubuntuをすでに使っている人はアプリの検索で「ブータブル」と検索すれば「ブータブルUSBの作成」が起動するので、それを使って作る。

Windowsはググれば、いくつかの方法が出てくるはず。
Ubuntuの公式サイトでも作り方が紹介されている。英語だけどわかると思う。
Create a bootable USB stick on Windows | Ubuntu

Ubuntuをインストール

ブータブルUSBをポータブックに挿して、電源を投入後、すぐにF2ボタンを押して、ブート選択メニューにして、USBを選んでブート。

まずはインストールせずに試してみて、きちんと起動できたら、インストールする。

カスタムLinuxカーネルに置き換える

Ubuntuをインストールしただけでは、キーボードの一部が入力できない、音が出ないなどの問題があるので、z80oolongさんが作ってくれたカスタムLinuxカーネル.debを使って、パッチ適用されたカーネルに置き換える。

やり方は、以下のサイトにあるとおり。
注意点など詳細は下記サイトを読んでください。

いくつかのカーネルバージョンがあるけど、ここでは5.4.2の場合。

Releases · z80oolong/linux-kernel-mainline · GitHub から

をダウンロード。

ダウンロードフォルダ内で、右クリック>「端末で開く」で端末を起動。

$ sudo dpkg -i ./linux-image-5.4.2-xmc10-001+_20200116_amd64.deb
$ sudo dpkg -i ./linux-headers-5.4.2-xmc10-001+_20200116_amd64.deb
$ sudo dpkg -i ./linux-source-5.4.2-xmc10-001+_20200116_all.deb

コンソール端末のキー入力時のトラブル対応

$ sudo gedit /etc/default/grub

テキストエディタが開くので、GRUB_CMDLINE_LINUX項目に ignore_altlock=yes を書く。

 GRUB_CMDLINE_LINUX="ignore_altlock=yes"

保存したら、端末で

$ sudo update-grub

をする。

音声が出るようにする

$ sudo apt install git
$ git clone https://github.com/amuramatsu/portabook_ucm.git
$ sudo cp -rf ./portabook_ucm/cht-bsw-rt5672 /usr/share/alsa/ucm

以上、ここまでやったら、ポータブックを再起動。

これで音が出るようになるが、後述のように音楽データが倍速再生されるなど不安定。

Vivaldiブラウザによる問題解決

ブラウザの音声再生

Firefoxでは、ALSA(Advanced Linux Sound Architecture)をサポートしなくなっているので、Firefoxでは音声がでない。

なので、ブラウザをVivaldiにする。

これでYoutubeなどの動画もちゃんと音が出る。たまにYoutube再生でオーディオのエラーが表示されてしまうこともあるけど、たいていはページを再読込すればちゃんと再生される。

音楽データ再生

Rhythmboxをはじめ、どんなソフトを使っても音楽データ(ogg等)が倍速で再生されるなど不安定な状態である。
いろいろ試したけど、自分で作成した(と言っても、これも他の方々のソースや協力に頼った部分がほとんどなのだけど…)

の方法が一番、安定して再生できることを発見。
過去の自分、ありがとうw。

ただし、ポータブックの画面が小さすぎるのか「開く/追加」ボタンがうまく機能しない(「開く/追加」ボタンの右下端のギリギリを押すと開く)ので、Ubuntuのフォルダから直接音楽データをドラッグ&ドロップするといい。
※追記:初回の「開く/追加」ボタンがうまく機能しないのは、Vivaldiのピクチャー・イン・ピクチャーの機能のせいらしい。ピクチャー・イン・ピクチャーの機能を無効にすれば「開く/追加」ボタンがちゃんと動く。

音量調整

再生音量調整は

$ alsamixer

でミキサーを起動。

F4キー(F4:[録音] だけど、なぜか再生音量の調整もできる)で

  • codec_out0 Gain 0 (inではoutなので、注意)
  • media1_in Gain 0 (media0ではなく、media1なので注意)
  • pcm0_in Gain 0

あたりを調整する。

音量初期値設定

ちょっと初期値の音量が大きいかなと思って、$ alsactl storeなどいろいろ試してみたけど、どうしてもUbuntu再起動後に音量が初期値に戻ってしまうので、

$ sudo gedit /usr/share/alsa/ucm/cht-bsw-rt5672/HiFi

cset "name='codec_out0 Gain 0 Volume' 0"

の行を

cset "name='codec_out0 Gain 0 Volume' -106"

にして、ボリュームを下げた。

alsamixerをDock(ランチャー)登録する

/home/〜/.local/share/applications に以下の内容の alsamixer.desktop を作成する。アイコンの場所、画像は任意で。

[Desktop Entry]
Type=Application
Name=alsamixer
Icon=/home/〜/ピクチャ/デスクトップアイコン/スピーカーアイコン.png
Exec=gnome-terminal -e "alsamixer -V capture"
Name[ja_JP]=alsamixer

alsamixer.desktop上で右クリックして、プロパティから「プログラムとして実行可能」にチェックを入れる。

一度ダブルクリックして、「信頼〜」みたいな注意が出るけど、実行する。
そうすると alsamixer.desktopalsamixer になるはず。

Dock(ランチャー)下の「アプリケーションを表示する」からアプリを検索すると「alsamixer」があるはずなので、そのアイコン上で右クリックして「お気に入りに追加」する。

サスペンドをオフに

サスペンドすると復帰後に固まるらしいので

設定>電源管理 で 自動サスペンドをオフにする。

謝辞

z80oolongさんをはじめ、先達の方々のおかげで比較的簡単にポータブックにUbuntuをインストールすることができました。

本当にありがとうございます。

参考リンク

f:id:adbird:20200422224633j:plain
Ubuntu 18.04 on PORTABOOK
f:id:adbird:20200422224730j:plain
Ubuntu 18.04 on PORTABOOK