adbird(広告鳥) 備忘録

LaTeX スタイルファイルの保存先

CTANに収録されているスタイルファイルの場合

TeXLiveをフル以外でインストールしていた場合。元々TeXLiveをフルでインストールした場合は必要ないはず。

CTAN: Comprehensive TeX Archive Network に収録されていれば、

$ sudo tlmgr install スタイルファイル名

等でインストール。

CTANに収録されているはずなのに、見つからない場合は、 Texエラー対処方法(tlmgrでパッケージをインストール) を参照のこと。

CTANに収録されていないスタイルファイルの場合

CTANに収録されていないスタイルファイルを使いたい場合は、以下の 1) または 2)のどちらかに保存。

1) texファイルと同じディレクトリ内

とくに何も考えず、コンパイルするtexファイルと同じディレクトリ内に配置すればいい。

2) TEXMFディレクトリ内にインストール

たびたびそのスタイルファイルを使いたい場合は、

Linuxの場合、

/usr/local/texlive/texmf-local/tex

あたりに保存すればよい。

「配置場所は “厳密にここでなければならない” という規則はなく,LaTeX が見つけられさえすればよい」とのこと(LaTeX入門/各種パッケージの利用 - TeX Wiki)。

$TEXMFにスタイルファイルを保存したら

sudo mktexlsr

を実行。

そもそも「TEXMF」ってどこ?

TeX Wikiなどで「$TEXMF (= {$TEXMFLOCAL,$TEXMFMAIN,$TEXMFDIST})」 と出てきたら、

Windows (Win64, Win32)なら

C:\texlive\texmf-local

C:\texlive\2022\texmf-dist

Linuxなどなら、

/usr/local/texlive/texmf-local

/usr/local/texlive/2022/texmf-dist

の位置を指す。

スタイルファイルの使い方

スタイルファイルを使う場合は、

texファイルのプリアンブルに以下のように書く。

\usepackage{スタイルファイル名(拡張子「.sty」はつけない)}

参考リスト