adbird(広告鳥) 備忘録

LibreOfficeのフォント選択リストに表示されるフォントを減らす

UbuntuLibreOfficeのフォント選択リストに表示されるフォントが多すぎて(とくにNotoフォント多すぎ)、目当てのフォントを探すのに苦労するので、以下の方法で対処。

フォントマネージャーをインストール。

$ sudo apt install font-manager

フォントマネージャーを起動。

$ font-manager

ちまちまと使わないフォントのチェックを外していく。チェックを外したフォントは削除されるのではなく、無効化されて表示されないだけ?っぽい。

フォントのレンダリングのためか、フォントマネージャーは動作が重いし、ちまちまとチェックを外していくのが面倒くさいので、apt remove で削除したほうが早いか?

Texliveを短時間(basic scheme +アルファ)でインストールする

Texliveを普通にインストールすると、full schemeですべてインストールされて、インストールにものすごく時間がかかるので、Texliveを短時間(basic scheme +アルファ)でインストールしてみた。

環境はUbuntu 20.04、Texlive 2021。

Windowsの場合は、参照にある 【大学生向け】LaTeX完全導入ガイド Windows編(2021/05現在) - QiitaTeX Live ガイド を参考のこと。

インストール画面まで

何やら依存関係で以下をインストールする必要があるっぽい。

$ sudo apt install perl-tk

ダウンロード

$ wget http://mirror.ctan.org/systems/texlive/tlnet/install-tl-unx.tar.gz

展開

$ tar xvf install-tl-unx.tar.gz

ディレクトリ移動

$ cd install-tl-2*

イントーラー実行

$ sudo ./install-tl

インストール画面

しばらく待っていると、端末上に以下のインストール画面が出てくるので、必要なものを選択していく。

======================> TeX Live installation procedure <=====================

======>   Letters/digits in <angle brackets> indicate   <=======
======>   menu items for actions or customizations      <=======
= help>   https://tug.org/texlive/doc/install-tl.html   <=======

 Detected platform: GNU/Linux on x86_64

 <B> set binary platforms: 1 out of 16

 <S> set installation scheme: scheme-basic

 <C> set installation collections:
     2 collections out of 41, disk space required: 256 MB

 <D> set directories:
   TEXDIR (the main TeX directory):
     /usr/local/texlive/2021
   TEXMFLOCAL (directory for site-wide local files):
     /usr/local/texlive/texmf-local
   TEXMFSYSVAR (directory for variable and automatically generated data):
     /usr/local/texlive/2021/texmf-var
   TEXMFSYSCONFIG (directory for local config):
     /usr/local/texlive/2021/texmf-config
   TEXMFVAR (personal directory for variable and automatically generated data):
     ~/.texlive2021/texmf-var
   TEXMFCONFIG (personal directory for local config):
     ~/.texlive2021/texmf-config
   TEXMFHOME (directory for user-specific files):
     ~/texmf

 <O> options:
   [ ] use letter size instead of A4 by default
   [X] allow execution of restricted list of programs via \write18
   [X] create all format files
   [X] install macro/font doc tree
   [X] install macro/font source tree
   [ ] create symlinks to standard directories

 <V> set up for portable installation

Actions:
 <I> start installation to hard disk
 <P> save installation profile to 'texlive.profile' and exit
 <Q> quit

Enter command: 

basic scheme を選択

S を入力して Enter。

===============================================================================
Select scheme:

 a [ ] full scheme (everything)
 b [ ] medium scheme (small + more packages and languages)
 c [ ] small scheme (basic + xetex, metapost, a few languages)
 d [X] basic scheme (plain and latex)
 e [ ] minimal scheme (plain only)
 f [ ] ConTeXt scheme
 g [ ] GUST TeX Live scheme
 h [ ] infrastructure-only scheme (no TeX at all)
 i [ ] teTeX scheme (more than medium, but nowhere near full)
 j [ ] custom selection of collections

Actions: (disk space required: 256 MB)
 <R> return to main menu
 <Q> quit

Enter letter to select scheme: 

d を入力して、basicを選択。R を入力してエンターで戻る。

basic scheme に必要なものを追加

インストール画面に戻ったら、C を入力して、必要なものを追加。

===============================================================================
Select collections:

 a [X] Essential programs and files      w [ ] Italian                         
 b [X] BibTeX additional styles          x [X] Japanese                        
 c [ ] TeX auxiliary programs            y [ ] Korean                          
 d [ ] ConTeXt and packages              z [ ] Other languages                 
 e [ ] Additional fonts                  A [ ] Polish                          
 f [X] Recommended fonts                 B [ ] Portuguese                      
 g [X] Graphics and font utilities       C [ ] Spanish                         
 h [ ] Additional formats                D [X] LaTeX fundamental packages      
 i [ ] Games typesetting                 E [ ] LaTeX additional packages       
 j [X] Humanities packages               F [X] LaTeX recommended packages      
 k [ ] Arabic                            G [X] LuaTeX packages                 
 l [ ] Chinese                           H [ ] MetaPost and Metafont packages  
 m [X] Chinese/Japanese/Korean (base)    I [ ] Music packages                  
 n [ ] Cyrillic                          J [X] Graphics, pictures, diagrams    
 o [ ] Czech/Slovak                      K [ ] Plain (La)TeX packages          
 p [ ] US and UK English                 L [ ] PSTricks                        
 s [ ] Other European languages          M [ ] Publisher styles, theses, etc.  
 t [ ] French                            N [ ] Windows-only support programs   
 u [ ] German                            O [ ] XeTeX and packages              
 v [ ] Greek                            
 P [ ] Mathematics, natural sciences, computer science packages
 S [ ] TeXworks editor; TL includes only the Windows binary

Actions: (disk space required: 1856 MB)
 <-> deselect all
 <+> select all
 <R> return to main menu
 <Q> quit

Enter letter(s) to (de)select collection(s): 

上記は文系の僕が選択したもの。理系の人はMathematics, natural sciences, computer science packagesも追加しておくべきかな。

それぞれの内容は TexLive の コレクションについて - takecの気まぐれブログ を参照のこと。

Rで戻る。

不必要なもののチェックを外す

O を入力して Enter。

   [ ] create all format files
   [ ] install macro/font doc tree

の2つの「×」を外す。Rで戻る。

Re:VIEW 向け日本語 TeX Live 環境のセットアップ(Linux、macOS、Windows) — Re:VIEW knowledge ドキュメントによると、「2つのオプションは TeX のドキュメントやソースコードのインストール設定ですが、Re:VIEW から TeX を利用するだけであれば使うことがないでしょう(レイアウトをいろいろ変更したいというときには、これらのオプションはそのままにしておくべきです! texdoc コマンドを使って TeX のドキュメントを参照できます。ネットのつまみ食いはお腹を壊します)。」ということです。

その他、オプションの内容は TeX Live ガイド 2022 を参照のこと。

インストール

Iを押してインストール。

約16分程度でインストールできた。

インストールできたら、/usr/local/bin ディレクトリ配下にシンボリックリンクを追加。「2021」のところは適宜変更。

$ sudo /usr/local/texlive/2021/bin/x86_64-linux/tlmgr path add

補足1

随時必要なものができてきたら、

$ sudo ./install-tl

で再度インストーラーを立ち上げて、上記方法で必要なものを追加していけばいいはず。

また、この「basic scheme +アルファ」でインストールすると、full schemeではインストールされていたのかもしれないパッケージ等が入っていなくて、エラーが出ることがあるので、以下の方法で対処する。

Texエラー対処方法(tlmgrでパッケージをインストール)

補足2

新しいバージョンのTexLiveが出てきたら、上記のインストール方法をもう一度行う。

/usr/local/texlive内に新しいバージョンのディレクトリが入っているはず。必要なくなったら、以前のバージョンのディレクトリは削除していいのかな?

バージョン確認には

$ lualatex --version

$ latex --version

で分かるはず。

参照

Texエラー対処方法(tlmgrでパッケージをインストール)

texliveをfull schemeではなく、「basic scheme +アルファ」でインストールすると、full schemeではインストールされていたのかもしれないパッケージ等が入っていなくて、エラーが出ることがある。

その対処方法。

なお、「tlmgr」とは「TeX Live Manager」の略。

目次

事例1

\usepackage{titlesec}を使ったら、titlesecというパッケージが見つからなかったとエラーが出た。

$ tlmgr info titlesecでチェックしてみる。

$ tlmgr info titlesec
package:     titlesec
category:    Package
shortdesc:   Select alternative section titles
longdesc:    A package providing an interface to sectioning commands for selection from various title styles. E.g., marginal titles and to change the font of all headings with a single command, also providing simple one-step page styles. Also includes a package to change the page styles when there are floats in a page. You may assign headers/footers to individual floats, too.
installed:   No
sizes:       doc: 741k, run: 97k
relocatable: Yes
cat-version: 2.14
cat-license: mit
cat-topics:  headings page-hf
cat-related: fancyhdr titleps sectsty titletoc tocloft
cat-contact-bugs: https://github.com/jbezos/titlesec/issues
cat-contact-repository: https://github.com/jbezos/titlesec
collection:  collection-latexextra

installed: Noとなっているので、titlesecパッケージがインストールされていないことが分かる。

titlesecパッケージをインストールする。(Windowsの場合、sudoはいらない)

$ sudo tlmgr install titlesec

無事、\usepackage{titlesec}が使えるようになった。

事例2

以下、geanyでlualatexを実行したときに出たエラー。

./B6tate.sty:249: Emergency stop.
<read *>
l.249 \makeatletter
 3211 words of node memory still in use:
   6 hlist, 4 rule, 1 dir, 48 kern, 1 glyph, 1167 attribute, 58 glue_spec, 68 a
ttribute_list, 2 if_stack, 1 write, 9 user_defined nodes
   avail lists: 1:10,2:104,3:2,4:2,5:2,7:9,8:3,9:3
./B6tate.sty:249:  ==> Fatal error occurred, no output PDF file produced!
Transcript written on 原稿.log.
コンパイル失敗

これは B6tate.sty (自作スタイルファイル)の249行目でエラーが出たということ。

TeX Wikiによると「状況をつかむためには,エラーメッセージの本体に続く記述(l.### [### はエラーが判明した箇所の行番号]で始まる行までの部分)も調べる必要があることがあります.」(LaTeX のエラーメッセージ - TeX Wiki)とある。

ということは、上記の場合、249行目自体というより、その直前の行が

\usepackage{newunicodechar}

となっているので、もしかしたら、newunicodecharパッケージがインストールされていないのでは?と推測した。

そこで、

$ sudo tlmgr install newunicodechar

で、newunicodecharパッケージをインストールしたら、エラーがでなくなった。

パッケージが見つからない場合

LaTeX パッケージの名前がそのまま tlmgr でインストールされるパッケージの名前になっているとは限らない」(TeX Live をホンキで語る ― 「TeX Live ってなんだろう?」 - Acetaminophen’s diary)らしく、tlmgr でインストールしたいパッケージ(仮にxxx.sty の場合)を見つけられない場合、

$ tlmgr info xxx.sty

$ tlmgr search --global --file xxx.sty

で、xxx.styが入っているパッケージが分かるはずなので、パッケージがわかったら、改めて$ sudo tlmgr installでインストールする。

64bit版インストール後のエラー

tlmgr update --self --all

で、TeXLiveをアップデート後に下記のようなエラーが出て、コンパイルできない現象が発生。

. L3 programming layer <2022-04-29>c:/texlive/2022/texmf-dist/tex/latex/l3kernel
/expl3.lua:245: bad bytecode register
stack traceback:
    [C]: in function 'lua.getbytecode'
    c:/texlive/2022/texmf-dist/tex/latex/l3kernel/expl3.lua:245: in main chunk
    [C]: in function 'require'
    [\directlua]:1: in main chunk.
\lua_now:e #1->\__lua_now:n {#1}

l.1 
  \documentclass{ltjsarticle}
? 
! Emergency stop.
\lua_now:e #1->\__lua_now:n {#1}

l.1 
  \documentclass{ltjsarticle}
End of file on the terminal!

直近でやったことと言えば、64bit版をインストールした(TexLiveを64bit版にしてコンパイル速度を速くする - adbird(広告鳥) 備忘録)ことだったのを思い出し、改めて

fmtutil-sys --all
luaotfload-tool --force --update -vvv

をやったら、直った。

参照

Vivaldi(Chrome)でユーザーエージェント設定

ubuntuを使っていると、Yahoo!Japanニュースの動画など、OS判断で弾かれて動画が再生できないことが、あいかわらずある(いいかげんOSで弾くのは止めてほしい)。

拡張機能のアドオンでユーザーエージェント・スイッチャーなどを使えばいいのだけれど、基本、アドオンは入れたくないので、Vivaldi(正確にはChromium?)に備わっている開発者ツール機能でユーザーエージェントを切り替える方法。

右クリック > 開発者ツール > 検証 > 右上「︙」(縦の三点リーダー) > その他のツール > ネットワーク状態

「ユーザーエージェント」の「ブラウザのデフォルトを使用」のチェックを外す。
その下の「ChromeWindows」などを選ぶ。

開発者ツールのウィンドウを開いたまま、ページをリロード。

開いているページごとに設定しないといけないし、開発者ツールのウィンドウを閉じると、元に戻ってしまうが、変なアドオンを入れるよりは安心。

参照:ChromeでUserAgent(ユーザーエージェント)を変更する方法【UA偽装】

B'zのアルバムから感じられるバブルの隆盛と崩壊

ツイッターで書いたのをまとめたもの。

B'zの『OFF THT LOCK』は1989年。この頃の歌詞ってバブル景気を感じさせる。僕自身はバブル後の平成不況しか経験なくて、バブルは想像でしかないけどw。 歌詞に出てくる女性像が多くの男たちを魅了する奔放な感じで、男の主人公がそれを追いかけるってのが多い気がする。 open.spotify.com

『IN THE LIFE』1991年11月まではバブリーな感じ。「Wonderful Opportunity」ではまだ、「シンパイナイ モンダイナイ ナイ ナイ ザッツライフ」と楽観的に歌っている。 open.spotify.com

ところが、バブル崩壊後1992年10月『RUN』の「THE GAMBLER」で「何を賭ける?イチかバチかエブリデイ…流れを変えてやろう」と言い出し、「ZERO」では「ぎらぎらした街をぬけ さっさと家に帰ろう…ゼロがいい ゼロになろう もうまっしろ」と不景気で殺伐とした街から逃避しだす。 open.spotify.com

B'zのアルバムの雰囲気から、当時のバブル景気絶好調の時代からバブル崩壊までの雰囲気が掴めて面白いw。

Word 見出しに章番号をつける

ずっとUbuntuメインだったので、マイクロソフトのWordはもう何年も使ってこなかった。

LibreOfficeなどで文書作成してきたので、新しく就いた仕事でどうしてもWordを使わざるを得ず、使い勝手が違いすぎて、イライラすること、この上なし…。

そのうちの一つが、見出しに章番号をつけるというもの。

忘れないうちにメモしておく。

1.見出しにしたい文字列に、スタイルで「見出し1」「見出し2」などを適用させておく。
2.見出しにカーソルを合わせておいて、ホーム>アウトライン>
 ・ベースとなる章番号形式をリストライブラリから選択。
 ・次に「新しいアウトラインの定義」を開く。
 ・「オプション」を表示。
 ・「レベルと対応付ける見出しスタイル」で「見出し1」などを選ぶ。

参照:Wordはなぜ思い通りにならないのか?(23) 見出し番号の自動入力 | TECH+